メタボリックシンドロームと診断された方は・・・

若い頃は、スポーツを楽しみ活発に体を動かす生活を送っていても、年を重ねるとともに徐々に運動する機会も減り、40歳を過ぎた頃には、全く運動することが無くなったという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

それでも、運動をしなくなった分、食生活に十分気をつければ、まだいいのですが、毎晩、好きなアルコールを好きなだけ飲み、さらに、肉類や脂っこいものなど、高カロリーの食材ばかり食べて、食べ過ぎの食生活を送っている方は少なくないようです。

このような生活を送っていると、当然、お腹に脂肪が溜まり、見た目はポッコリとお腹が出るという「内臓脂肪型」といわれる肥満体型に変わってしまいます。

そして、このような体型に変わってしまった方の中には、健康診断を受けたときに「メタボリックシンドローム」あるいは略して「メタボ」と診断される方がいらっしゃると思います。

「メタボリックシンドローム」とは、内臓に溜まった脂肪が原因で、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、糖尿病など、命にかかわる重病になる危険性の高い状態のことをいいます。

「メタボリックシンドローム」と指摘された方は、早急に肥満を改善しなければ命を落とすことになるほどの危険な状態というわけです。

しかし、この対策として、脂肪分を控えた低カロリーの食事内容にするなどの食事制限だけによるダイエットを考える方が多いと思いますが、これではなかなか改善することはできません。

その理由は、食事制限だけによるダイエットは筋肉量も落ちてしまい、同時に代謝機能そのものが低下してしまうからです。

健康的で若々しい体を保つには、筋肉量をアップすることがとても重要になります。

http://dietotasuke.sblo.jp

「若い頃と変わらない食事量なのに、40歳を過ぎてから太り出した・・・」と感じている方は多いと思いますが、この原因は、40歳前後くらいから老化によって筋肉量が減少して基礎代謝量が低下して太りやすくなっているためです。

ようするに、筋肉は体の中で最も多くエネルギーを消費してくれる器官で、筋肉量をアップすれば基礎代謝量が高まり、1日あたりの総消費エネルギーが増えて痩せやすい体になるということです。

このような基礎代謝量を高く保ち、痩せやすい体をつくることが、肥満改善につながります。

メタボリックシンドローム対策として、まずは、筋力トレーニングを始めましょう。